アイツの子はカエル

ネタをほぼ日で書きます。 ろくでもない話ばかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ベットの下」の「ベ」

ベッドの下は色々な例え方がある。

ベッドの下。そこは宇宙。
ベッドの下。そこは宝の隠し場所。
ベッドの下。そこはプライベート空間。

言い方は千差万別だが意味は同じで、
「エログッズの隠し場所」
なのである。

そう、中学生にとってベッドの下は自分の大切なお宝、つまりエログッズの隠し場所になっていることが多い。

もちろん自分もそうだった。
エロ本、エロビデオ、収集したピンクチラシ、グラビアのスクラップなどなどととても大切なお宝達が僕の寝ている下に隠されていた。

たまに母親が部屋を掃除しに来てベッドの下からお宝を見つけ出し、
机の上に並べられ、

「ふざけんなよ、クソババぁ!!プライバシーの侵害だ!!」

などと喚くという話をよく聞くが、僕の家ではそれはなかった。

僕の母は
「自分の部屋は自分で掃除しろ」
がモットーの人だったので、一度たりとも母にエロ本などは見つかったことがない。

ただ母より厄介な敵が僕には居た。
2歳下の弟だ。

2歳下だとちょうどこちらがエロ最盛期のころに、奴はエロに目覚める。

そりゃ、弟はまだエロの初心者マーク。

エロ本やビデオなどのグッズはまだ未取得である。
しかし、僕が持っていることを弟はなぜか知っていた。
僕は
「どこから情報が漏れた!?まさか幼馴染のSがしゃべったのか!?」
と疑心暗鬼になっていた気がする。

弟は僕の部屋に侵入してはエロを探すようになる。
今まで敵という敵がいなかった僕のエロトピアに、
ここにきて最大、最強の敵が侵入し始めたのだ。

このときから弟というエロ侵略者と、僕ことエロ防衛軍との熾烈な戦いが始まった。

しかしなぜそんなに嫌がるのか・・・って?

まずは僕が命をかけて手に入れた宝たちを勝手に持ち出されては困る。
あれはワンピースだ。
ひとつなぎの財宝だ。
そう簡単には渡せない。

次に僕はビデオは巻き戻さない派。
どこで発射したかバレてしまうのだ。

大体はオッパイ出てきた辺りで止まってる…。
・・・早いな、俺・・・

そんなことはよい!!

つーかバレるのも嫌だが、知るのもいやだ。

僕の弟も巻き戻さない派なのだ・・・。

兄弟そろって、めんどくさがりなのだ。

………しりたくなんかない。
弟がどこでフィニッシュしたなんかなんて…。

………知りたくなんかない。
僕は弟より早いだなんて…。

………知りたくなんかあるわけない。
僕コレクション内で弟の一番お気に入りが『狂う尼さん~仏の前で…』だったのが…

つーかなぜ僕は尼さんモノなんかをもっていたんだよ、おい!!

そんなこんなで僕は弟から色々守らなくてはいけなかった。

しかし年を取るにつれ、僕らは和解する…。
まぁかなりオープンになったのだ。

弟の部屋にも僕の部屋にも普通にエロ本、ビデオ、その他etc…
が普通に転がっているようになった。

もう自分の秘密がばれて恥ずかしがってた昔と違う…

むしろ「俺の趣味はいいだろ?」な感じで見せ合う兄弟となっていた…

気持ちが悪い。
今ならそう思う。

だがここまで仲の良い兄弟はそうそういないだろう。

僕たちは今でも仲がよい。

お互いいい大人だけどもふざけ合えるほどの仲だ…

今年の弟の誕生日にはプレゼントを久しぶりに贈ろう…

弟嫁が絶賛妊娠中なのでその間に必要なものを贈ろうと思う…。

             __
           /⌒兄より
          /   ̄ ̄ ̄
      ____/___
     /  ,//, / /|
    /_____///  / "|
   |  |∥| ̄ |  |
   |  |∥|  |  |
   |  |∥|  |  |
   |  |∥|  |  /
   |  |∥|  | /
   

弟よ…喜ぶがよい…
スポンサーサイト
[ 2011/01/29 14:03 ] テキスト | TB(0) | CM(0)

僕はね…名前を略すと…イケメンなんだよ…ホントだよ…

どうも久々の更新!

この1週間での移動距離が1000km近い男、ケロひとです。

移動範囲としまして…

宮城→東京→福島→高崎→福島→東京→宮城…

バカか?バカなのか?!
仕事だとしても移動しすぎだわ!!

しかもまた24日には東京で26日の夜中に宮城へ…で28日の夜には東京にまた戻ると…

何がしたいんですかね…僕は…


で、最近考えていたこと…

『イケメンで高学歴が増えてきたのは必然だ!!!』
と、ゆうこと・・・

ホントどうでもいいことを考えながら生きてますよ、僕は!
でも、考えちゃうのだから仕方がない!
エロいことじゃないだけ健康的だ、コノヤロー!!
……………………………………………
いや………エロい方が健康的なのか………
本能に忠実なほうがストレスも溜まりにくく…精神的には健康的だよな…

と、またそんな無駄なことを考え始めてしまう前に本題へ

ホントこれは僕の見解なので、ウンコしながら読むぐらいの話ですからね

僕が思うに最近、高学歴or一流企業社員でかなりのイケメンが増えてる気がする

イケメンって言っても服や髪形で補正……
というか誤魔化しているイケメン風ブサメンではない!!

正真正銘のイケメンである
五分刈りだろうが、変なおじさんの格好だろうが、何しても格好良すぎるようなイケメンである!!

昔の高学歴or一流企業社員は、言っちゃ悪いがあまり良い男はいなかったのではないか…

ルックスに劣等感がある分、能力…つまり学力や経済力で
マイナス部分を補おうとしてた感が僕には感じられた

しかし今の若いやつらの高学歴or一流企業社員ではかなりの確率でイケメン保有率が高い

なぜこのようなことが起きているのか…
世界のバランスが狂ってしまったのか…

いや!これは必然なのだ!!
突然変異でも何かの奇跡でもないのだ

ここからは僕の見解になる

顔は良いが将来性がない男…と、顔はイマイチだが経済的に困らない男…
あなたならどちらを選ぶか…
多分大体の女性ならイマイチを選ぶと思う

逆に顔は良いがあまり頭がよくない女性…と、顔はイマイチだが経済的にも自立できる女性…
あなたならどちらを選ぶか…
多分大体の男なら顔が良いほうをを選ぶと思う

まぁそうなるとイマイチ顔男と可愛い女性のカップルができるわけだ
んで、ゆくゆくは結婚し、子供が生まれるのである

この時重要なことが一つある!!

『子供は異性の親に似る』
ということ

この事はホントかどうかはまったくもって実証も証明もされてません
昔からのただの迷信かもしれません・・・が、僕は信じます

つーかこの事が話の前提にないと話が進まないので、信じます

この法則から生まれてくる男は可愛いお母さん似になりますね!
可愛い顔した中性的な男…
まずここでルックスは大幅にクリアします

次に高学歴or一流企業社員…

これは学力が一番大切になります
絶対条件の学力の向上…
このことで必要になることが『経済力』と『親の熱心さ』ではないかと思います

『経済力』…まぁ何をするにもお金は必要になるわけであります
      特に教育には学資保険があるように相当のお金が必要になります
      やはり経済力があればある程、多くの教育…塾や家庭教師などを受けることができます
      もちろん進学に力を入れてる私立に入るにもそれ相応の金額が必要になります

『親の熱心さ』…子供が自ら勉強なんてするわけないじゃないですか!
        いや、もちろん勉強大好き!な変わった子供もいると思いますが、
        大体は勉強嫌いの子どではないでしょうか!
        そうなると必要なのは親の子供に対する教育心だと思います
        どれだけ親が、特に母親が子供に勉強するように促せるかが重要になります
        そこで昔、あまり頭がよくなく苦労した女性の方が子供に同じ思いをさせまいと、
        かなり熱心に勉強させると思います

この二つががっちりとかみ合った子供はイケメンで勉強のできる子供になると思います

そしてゆくゆくはイケメンで高学歴なやつになるわけです

では最後に・・・
顔はイマイチだが経済的に困らない男…と、顔もイケメンで経済的にも困らない男…
あなたならどちらを選ぶか…
………………
     
まぁ結局言いたいことは…
『イケメンにはもう何やっても勝てねーよ…』ってこと…

糞な僕には二次元しかないなぁ…って本気で思うわ!!!


ちなみに僕は父親に似てるので、
この話にはまっーーーーたく絡みません!!!
ホント意味ない話でした・・・
[ 2010/12/22 16:40 ] テキスト | TB(0) | CM(0)

「バイト」の「ば」

僕は色々とバイトをした。
レストランの厨房もやったし、テッシュ配りもやった。
お弁当の配達でアニメ制作会社に侵入もしたし、ドアを運ぶだけのキツいのもやった。
ただ段ボールを永遠に組み立てるという仕事はマジできつかった・・・。

この多くのバイト経験の中で一番長く、楽しかったのはコンビニでのバイトだ。
以前書いたトラウマメーカーの友達Tもいた店である。

Tを含め今でも付き合いのある仲間の多くはこの店から始まった。
本当にいい仲間に出会えた。
元バイト仲間の結婚式に呼ばれることなんてあんまりないよ!!

しかし…以前にも書いたように男どもがひどい…
いや、言い方が悪かった。

僕を含め四人の漢(オトコ)が非道い!!!

『店長』こと店長、『ホンコン』ことU、『毛むくじゃら』ことT、そして僕。

82年ブラジル代表も劣らない黄金のカルテットであった。
まさに変態の四重奏だ!!
バイト先の女子に「キモイ・キタナイ・ウザイ・シネ」と言われまくったものだ・・・。
まごうことなき正真正銘の変態だった。

そんな僕たち、武蔵野粗チン会(通称:ムサソ)メンバーを紹介しよう。

         ____        / ̄ ̄ ̄\
まじか>/       \      /  ノ ヽ、 ヽ  
     /  ─  ─  \    / (●)(●) l <いくぜ!!    
   /  (●)  (●)  \   |  (__人__)  |
   |     (__人__)    |  _{        }
  /     ` ̄´     \/ _,      ⊂二二)
  |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
    |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
    ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
  _____/__/´     __ヽノ____`´




まず店長。
僕のひとまわり年齢が上の男なのだが、精神年齢が一緒だ。
しかしそれだからこそ一緒にバカができる。
「下ネタしかしない・できない・やらせない」の下ネタ3原則な男だ。
下ネタが言えなくて落ち込む男だ。
女子に下ネタを無視されて居場所がないと嘆く男だ。
男にしか相手にされてないと、嘆く男だ。
しかしそこが自分の居場所と気付くのだ。
だから男にしか下ネタが言えないのだ。
でも挑戦するのだ。
しかし無視されるのだ。
無限ループ。
もう救いようがないやつだ。

次にU。
顔が芸人のホンコンさんそっくりだ。
そして女の子を追いかけまわすのが好きだ。
女子の近くに落ちてた縮れ毛をいきなり食す男だ。
しかし根はいいやつだ。
だが変態だ。
言葉には表せないほどの変態だ。
女子の靴をクンクンしちゃう奴だ。
意中の女性の家を突き止めようとついて行っちゃう奴だ。
もう救いようがないやつだ。

そしてT。
言わずもが僕にトラウマを埋め込んだ男だ。
顔が品川庄司の品川だ。
しかし彼女のあだ名はミキティーだ。
体中の毛が凄いやつだ。
もうボーボボーだ。
やはり根はいいやつだ。
意外ともてるのだ。
でも変態だ。
極上のSだ。
AVソムリエだ。
女に振られたらポエムを送るようなやつだ。
もう救いようがないやつだ。

最後に僕。
僕については時間もないので省きたい。
とりあえず変態だ。
ロリコンだ。
女子高生の制服が好きすぎる。
つーか女子高生が好きだ。
いや、女子中学生も好きだ。
もう救いようがないやつだ。

本当にどうしようもないやつらの集まりだったわ・・・。

また僕のバイト先では年末にバイトの皆で集まって忘年会するのが恒例だった。
店長、マネージャーももちろん参加!

またこの忘年会では出し物をみんなでやる。
もちろん強制ではないが、バカが多いのかほぼみんなやる。

勿論僕もやる。
だってバカなのだから。
もちろんUやTもやる。

色々と考えた結果、女装ネタでいくことにした。
UとTは何するんだろう??

かぶった!!!!
女装ネタかぶった!!!!

しかしやると決めた以上、やらないわけにいかない!!

順番は公平にじゃんけんをする。

よし、一番はいただいた。

女装をする僕。
まずは笑いと、罵声は俺がいただくぜ!!!
と、意気込み僕登場!!!

…あれ?
……微妙なリアクション……。
しかもちらほら「かわいい」とのお声…。

え?まじ?かわいい??
い、いかん!!こんなはずでは…

僕が困惑の中でT登場!!!
会場から「キモーイ」「ヘンターイ」の声と共に大爆笑!!

まじかよ~~!!
うわ~~こいつスゲーよ!!
本当に不細工なU。
セーラー服がキモさの相乗効果を出してきやがる!!

そして真打U登場!!
もちろん会場から「イヤーーー」「キャーーー」の悲鳴と共に大爆笑!!

Uはこちらを見て、
「がっついてんじゃないわよ!!」
と叫びながら服を破く。

黒の上下のランジェリーに身を包んだUになる・・・。

……絶対こいつらには勝てね―よ
出オチだもん!!
無理だよ…勝てねーよ…。

そしてこの女装のまま店長に絡まりながらカラオケに向かう四人……

オカマバーのアフターかよ!!!

それにしても、よくあそこまで面白い面子をそろえられたものだ。

ふっとあの頃にホントに戻りたいと思うほど楽しかった。
僕の中であそこは青春だった・・・。
良い仲間にも、淡い恋心にも、大人の考え方にも、多くなものに出会えた・・・。
あの店での事は絶対に忘れない!
そして出来ることなら本当にあの頃に戻りたい・・・。

少しセンチメンタルな気持ちになってしまう僕であった。

・・・・あれ??
・・・・おかしいぞ??
・・・・・・・・変態の話をしてたのにね・・・・。
[ 2010/11/16 12:51 ] テキスト | TB(0) | CM(0)

「車」の「く」

18歳になって車の免許を取った。
男子ならほとんどの人が憧れるであろう「車」。

車はとても便利で、女の子を釣るにも素晴らしいアイテムだ!

「車でデート!!!…素敵……抱いて!!!」
の寸法だ。

まぁうまくいったことなんてないけどね……。

しかし車には危険な面もある。
事故のことである。

本当に車の事故は怖い。
本当に気をつけてもらいたい。

そして僕も事故を起こしたことがある。

まだ僕がリア充大学生だった頃…。
仲の良い男女5人くらいで海に行こう!!となった。
今では考えられないリア充っぷり!!!

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   おれリア充なんだぜ
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +
      ノ           \ 



そんなリア充軍団で海に向かう。

なぜか僕の車で。

まぁ行った日が夏休みということもあり、高速道路は渋滞中…

しかも朝早い!!とくれば注意力も散漫になるわけで…

気付けば…前の車のケツにコツン!!

オカマを掘ってしまったわけだ!!

事故に大きい、小さいはないけれど時速5キロ程度でぶつかったわけで、
とくに誰かが怪我したとかもなく何事もなく処理をし、
その後は普通に海を楽しんだリア充でしたね…。

ここまでならオチもない
「ふ~ん、事故った事あるんだね。カスだね」
ぐらいの話で終わる。


だが話はここで終わらない。終わってくれない

そう!!次の日、事件が起きた。


バイクで事故った。
僕は二日連続で事故ったのだ。

           〃 |                 |    
         ___  |                |  事
 常  ち  ノ|ヽ  |         ___      |  故
 識  ま  、_   |      ,r‐':::::::::::::::::::丶、   |  
 的  っ  ].車   |     {::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. |  る
 に  た   ̄~   | ヽ  l  ゞ::::::::::::::;..-┐::::::::i |  奴
 考  ん 〃    | ) ノ   |!`゙`'"´ヽ、 ゙i::::::|  |  は
 え  だ       |  (.(.   r--ハ,.---、__」::::::|  |   :
 て  ろ   と   |  `ー-、 .|::::::八::::::::::「 ̄}::::|  |  .:
  :   :    〃   |      ))(__人__)‐′ .|:::|   \
  :   :  lコ.マ   l     ((_ //⌒ ´     |::|    `ー―
       止用  |      ‘゙{       丶j
\      〃 っ ,.へ(        {       /
  `――――‐'´           ヽ    _,----、_
                    _r‐「| 「 ̄  


その日は大学に単位取得のためレポートを提出しなくてはいけなかった。
急いでバイクで向かうことに…

しかし急いでいる時ほど信号はツンデレ化する。
…赤信号で止まる…。

「急いでんだよ…早くしろよ…」
とイライラする僕。

信号が青に変わる。

アクセルを回す僕。
進むバイク。
右折してきた車が横にズドン!!!

なぜに!!??
直進優先だろ普通!?

車にめり込む僕。
ボンネットに頭を打つ僕。
車とバイクに挟まれる僕の右足。
集まる近所の方々。
救出される僕。

僕は笑ったね。
昨日の今日だ。
マンガやコントのネタじゃあるまいし…
笑うしかないじゃないか。

たぶん心配して集まってくれた皆さまも
「こいつ、イッたのか?」
と思うぐらいの爆笑中の俺。

しかしそんな俺の笑いを止めた人達がいた。

ぶつけてきた車に乗っていた夫婦だ。
なにせ僕の目の前で本気の夫婦喧嘩始めやがったのだ。

 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    | どうしてこうなった
   _  |.\  人__ノ   6 |  <
   \ ̄  ○        /    |     どうしてこうなった
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \


僕もドン引きな喧嘩を行う二人。
集まった近所の人たち、野次馬も夫婦喧嘩に唖然。

「あんたが遅いからこんなことになったのよ!!」
「お前が急かしたのが悪い!!」
などと責任のなすりつけ合い…。

おーい、目の前に被害者いるぞー!!
まず謝れ!!!


と、僕の心の叫びも聞こえてないようだ。

「大体あなたはいつもいつも……」
「結局お前はいつだって……」

聞いてるのもアホらしくなってきた…。

ほどなくして救急車が到着…。
近所の人が呼んでくれたらしい。

ありがとう!!近所の人!!

救急車に乗り込む僕。
いまだに夫婦喧嘩してるなぁ~
あ!警官がなだめてる…

その状況を見つつ、僕は病院へ運ばれる。

救急車内で僕は事故ったことを母には言わなくちゃ!
と、考え母に電話をする!

僕:「もしもし」

母:「あら?どうしたの?」

僕:「いや~……バイクで事故った」

母:「はぁ?事故った?」

僕:「うん……」

母:「バカね~バカ!」

僕:「何も言い返せません…」

母:「わかった…とりあえずお父さんにも連絡しときなさい」

僕:「うい!」

母:「あと私今、麻雀教室中だから誰か友達に迎えに来てもらいなさい」

僕:「はぁ?」

母:「RちゃんとかS君あたりなら来てくれるわよ、それじゃ」


僕:「……………………………」

まじか…母は息子より麻雀教室を取ったよ…………

ブルーな気持ちのまま僕は病院へと運ばれていく…。

病院ではCT受けたり、レントゲンしたりと検査を受ける。

検査結果は右ひざの皿が割れていた。
つまり骨折だ。

処置も終わり、ボーッとする僕。

とりあえず友達に電話する・・・。
もちろん迎えに来てもらうためだ。
海にも一緒に行った幼馴染が向かいに来てくれた。
ギブスの僕を見る二人の幼馴染。
苦笑いの僕。

そしての二人は大爆笑!!!!

そりゃ爆笑だ。
二日連続だ。
僕も釣られて爆笑。


今思うと、なんか青春の1ページみたいだな…

しかし骨折だけで済んだのは本当に不幸中の幸いだ。
バイクのフレームが再起不能ほどの事故だったのにもだ!

でも、事故から3日目でバイトに駆り出されたのは、
何かの間違えだと問いただしたい!!


ここで一句。

『膝割れて 世間さまには 笑われて』
………………………………………
……オチでの事故は心が痛い……
[ 2010/10/16 12:44 ] テキスト | TB(0) | CM(0)

「公衆用トイレ」の「こ」

東京には有料の公衆トイレがある。

クソを排出するのに一回100円もする。

極めつけはトイレにコンシェルジェみたいなのがついている所もある。
公衆トイレはそんなんじゃない。きっと正式名称は「御公衆様用のトイレット様(高所得者専用)」である。

僕の中では公衆トイレはもっと汚く、気軽に使用出来るものを言う。

だからこその公衆なのだ。

この話はその汚いほうの公衆用トイレで起きたあの…恐怖体験…である…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あ…どうも…季節はずれですいません…

稲川ケロじです。

いあや~これは私が子供の頃の話なんですがね~

今もなんですが、昔っから多尿症でしてねぇ~わたし。

不意にトイレに行きたくなったんですよ。

「あれ、変だな?おかしいな?」

なんて思いながら私ねトイレを探したんですよ~

そしたらね、暗闇にボッ~と光る場所が目に入ったんですね。

それがまさしく…トイレだったんですよ~

それは駅の近くの公衆トイレでしてね、あまり人に使われてないトイレだったんですよ。

で、ですね…最初は私も「こわいなぁ~汚そうだなぁ~」と躊躇していたんです。

でもですね、尿意には勝てなくてですね、「尿意ズ ハイ」になりまして~

「えいや~」と決死の思いでトイレにはいったんですよ!

…………………
…………………

中は意外ときれいでしたね…

いや~最初のいやな感じはなったく中にはなかったんですよ~

「あれ~~おかしいなぁ~~変だな~~」と思いつつも、尿をし始めたんですよ…。

尿をし始めた時にフッと目の前に何かがあるのが見えたんですよ。

尿に焦っていた私はそれに気付かずに…尿をし始めてしまったんです…。

なんでしょうね~こわいですね~…。

私がそこで見たのはですね…雑誌だったんですよ…

ただし普通の雑誌なんかじゃないんです…

子供だった私にはまったく理解できないものでした…

一体これは何なのか…

大きさは普通の青年誌ほどの大きさ…表紙にはガチムチな男性の絵…

そしてタイトルは……

…「薔薇族」…

こわいですね~~~~恐ろしいですね~~~~!!

今の私ならドキドキしながら中を見ちゃいますね~~~

でも、ですね~当時の子供の私には何かしらの恐怖を覚えたんですね~~

何か恐ろしいものを見つけてしまった、と感じた私は早く尿が終われと祈っていたんですよ~

そのとき!!!

後ろの個室トイレが『キィィィ』と音を立てて、開き始めたんですね~~

「もうやばいなぁ~~やられるな~~」と考えた私はにげたんですよ~~

ただ…ただですね…尿は終わってなかったんですよ~~…

私は尿を漏らしながら逃げたんですね~~

バカですね~~ひどいですね~~

あの『薔薇族』はいったい何だったんでしょうね~~

そして個室から出てきた人は私をどう思ったんでしょうね~~

こわいですね~~おそろしいですね~~

以上、稲川ケロじでした…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


[ 2010/10/07 12:48 ] テキスト | TB(0) | CM(0)
twitter
おすすめLINK
このサイトはリンクフリーです
メールフォーム
感想、ネタ提供、その他もろもろ待っております!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。