FC2ブログ

アイツの子はカエル

ネタをほぼ日で書きます。 ろくでもない話ばかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「エロ本」の「え」

mghyo50.jpg

男子は『エロ』が好きだ。
それは確実、必然、絶対だ。

              __ 
             イ´   `ヽ 
           / /  ̄ ̄ ̄ \
          /_/     ∞    \_
         [__________]   
         |     (__人__)   |   
         \_    ` ⌒´ _/       
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄


「エロになんか興味ないね」
とか抜かす男はまったく信用ならん。

そんな馬鹿げた事を言うやつは自分自身に嘘をついているか、他人に嘘をついているやつではないかと思う。
そんなやつはまったく信用にならん。


本当に信用ならん。
・・・だからアイツは信用ならないんだよなぁ・・・・・・。
・・・人として嫌いだしなぁ・・・。
・・・・・・・・・・・・。


      / ̄ ̄\ 落ち着け
    /   _ノ  \
    | u   ( ●)(●)   ____ 信用なんねーだよ!
.    |     (__人__)  /:::::::::  u\
     |     ` ⌒´ノ/ノ└ \,三_ノ\    ,∩__
.     |        /::::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
.     ヽ       |:::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |  |   |
      ヽ      \::::::::::   ` ⌒´   ,/ _ |   |
    /  ̄\   /⌒ .ヽ          i    丿
    |  ヽ、 \/   /(⌒)       ξ) ̄ ̄´
        \ ./   / /          |

すいません。

脱線した上に愚痴ってしまいました。

とりあえず男子はみんなエロが好きなことは絶対であると俺は言いたい!!

そして男子のエロ登竜門アイテムとして一番はエロ本であるだろうと言いたい。
最近はネットとかで簡単にエロに近づけるが、
僕が中学生のころはエロビデオすら手に入れるのに大変な時代であった。

そんな中、エロ本は最も手に入れやすくポピュラーなエロアイテムであった。

mook81_w.jpg

もちろん僕もエロ本に夢中だった。
スクラップブックも作った。

k1713259984.jpg

多くのエロ本が僕の元に集まり、気つけば去っていった。
あまりにも多くのエロ本が僕の前を過ぎ去ったので、実はあまりどんなのがあったか覚えてない。

しかし忘れられない一冊がある。

初めて自分で買ったエロ本だ。
皆さんの初めて買ったエロ本はなんだったか思い出せますか?

僕は今でも買うところから思い出せる。
とても青い思い出だ。

僕の家の裏手に寂れた古本屋があった。
そこは僕らの間ではエロ本屋として有名だった。

83G838D967B89AE.jpg

路地裏のエロ本自販機、地下のエロ本屋、そしてこの路地裏の古本屋
が僕らの間でエロ本の主な補給基地だった。

c67498a7292977728feb92d35699dfad.jpg


『いつか僕もあそこでMYエロ本を手に入れよう』
と小学生の頃から思っていたものだ。

そして中学生になり、お小遣いももらえるようになった僕はもちろんエロ本を手に入れようと、
古本屋へ向かった。

                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)  
         _/ / ヽ   /     (__人__) \  
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   | エロ本買ってくる!!
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  


お店はあまり大きくはなく、4~5人お客さんが入れば満員の小さいお店である。
しかしそこら中にエロ本、エロ本またエロ本…。

c0014172_2219881.jpg

写真系、マンガ系、投稿系、SM系、熟女系…と種類も色々。

中学生しかもエロ初心者マークの僕がその圧倒的なエロ空気間にやられ、お店に入ってから興奮しっぱなしだったのは言うまでもない…。

店内に入った僕は色々と物色し始める。

もちろん初めてのエロ本だ。
自分が気に入ったものを購入するのが一番の命題である。

『最初は一番ベーシックな写真タイプがいいかな…。でもマンガも捨てがたい。
お!これ、やらしいなぁ!!』


などと考えながら店内を徘徊していた。

至福だ。
至福の時間だ。


     ____
   /_ノ ' ヽ_\
  /(≡)   (≡)\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ここは素晴らしいお!!
|     |r┬-|     |
\      `ーlj'´   /

エロしか考えてない。
それ以外のことは考えてない。


そう!
人間の本能である欲のみしか考えてないのだ。
今、僕は人間としてとても純粋な存在になっているだろう。

しかし本も買わず、ずっと店内を物色していればやはり怪しまれる。
万引きじゃないかと、おじさんの目も光るってものだ。

僕はあせり始める。

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \

         ____
       /      \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \


初めてエロ本を買いに来て、万引きの冤罪で捕まってしまった

どんなことになるか想像しただけで恐ろしい。

とりあえず僕は急いで目星をつけていたエロ本を手にした。

これで大丈夫!
とウキウキしながらレジに向かおうとしたのだが、
まだおじさんの目が光っている。

な、なんでだ?僕はお客だよ、万引き犯じゃないよ!と心の中で叫ぶ。

      ____
     /   u  \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)  \  
  |      (__人__)  u |   ま、まてお…
  \ u   ` ⌒´     /

再びあせる僕。
そして思い出す。
皆さんも知っての通りエログッズは18禁であることを…。

しかしこのお店は中学生でも必ずエロ本を売ってくれるお店である。
この後も僕は何度もお世話になった。

だが、このときの僕はそんなことは知らない。

「どうしよう…ここで注意されたら…。もしかして親とか警察まで呼ばれたら大変だ。でもエロ本は欲しい…どうしよう…どうしよう…」

       / ̄ ̄ ̄\
     / ─::::::::─ U \
    /U <○>::::<○>  U \.
    |  U  (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

このときの僕はものすごく焦っていただろう。

そして僕の出した答えは

「そ、そうだ。ここにあるのは全部エロ本だ。
その中で一番エロ本に見えないものを選ぼう」


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      
    /: : :             \
  /: : : :            \     
/: : : : : :               \    
: : : : : : : :.._        _      \  
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )/       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /    
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


と、やはりエロの誘惑には勝てずの妥協案となった。

そして僕は一番エロ本ぽっくないものを選び、レジに向かった。
会計はすんなり済み、僕は念願の初めてのエロ本を手に入れたのだ。

しかし当時の僕に言いたい。
なぜこの本を選んだのかを…

「パソコンパラダイス」

PP20043.jpg


そう!

僕が初めて買ったエロ本は…エロゲー情報誌だったのだ!!
今でも「ドラゴンナイト4」の記事を思い出す。

images.jpg


ひどい!
ひどすぎる!!


そりゃいくらエロ本に見えなくもないが、エロゲー情報誌はないだろう。
今僕が二次元にドップリ浸かっているのは、この頃からもう兆しがあったようだ。

あの頃に戻れるのなら、あの頃の僕にこう言いたい。
「二次元の業は深いぞ!!!!」と……。

         ____   
       / \  /\ キリッ!!
.     / (●)  (●)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    
    |      |r┬-|    |     
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \


ちなみ余談だが初めて読んだエロマンガがBLだったのは、少しトラウマである……。


                    '"´: : : : : : : : : `ヽ_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /: : : : : : : : : : :〉: : : : : : `ヽ   \  ボーイズラブは
               __/ / : /: : .::::/:∧:.:::: : : : : : : '.    .|   純愛!!!!
               ̄¨フ:// : /: : .:::::::/ / |.::|::: .:l : : : : |   │
              /イ : :|:::/:::::::://;イ   |:/!::::::| : : : : |   │ オマエラのは欲望だけ!
                //.l: : :|/{::;:イ /イ沁`Y`|:::::ハ:: : : : |   │  下半身直結!!
             i:{ | l: :Ⅵf沁` { 弋ソ  ノ:::/人::::: : |    |  中身も何も無いじゃない
             {:! |八:小代ソ}=ヘ. _"_/ |/ r‐ヘ:: 八 /    いっしょにしないで!
             ヾ !:ハ::ゝj "〈         /}:::::::::::::::〉 \________
               {(. ヽ八   r= ヽ     ハ:::::::::::/
                  |::: {ヽ、∨ _ノ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨/
                    /77|:::∧ :::>ーr</   .ノ  \,_  \   /
           __/_|」」/_l∠∠ノ /   (ー)(ー )    │  /
          // /        、 -一ァ'⌒V ,/ ̄(__人__) //// |  /
        /  \\    _   ニニニ⊃∨/  _ノ ヾ⌒ ´      l /
         〈    >─-、\ァt一ァ'´/   ゚⌒  {       / /
        ∧  〃   /::\)くフ'¬/ ///  (__人\    ,ハ /
       /ハ  ,′   >‐厂{::::::::/\     ` ⌒´ン     ノノ/
        l     l    /::::::/  |\/ /  ̄     /     し}∧
        |.   |  /:::::::::/   :|:::/    .(⌒二_ イニ⌒)  ノ/ ハ
        |.   l  /:::::::::/    !/_____/,__\__/   ヘ
       ヽ  │〈:::::::::/  {{ ハ::::::::::::::〉   ハ---  |~く⌒ヽ  ヽ
           \__| ヽ:/  ヾ 


b407cc85.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/09/09 00:38 ] テキスト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

twitter
おすすめLINK
このサイトはリンクフリーです
メールフォーム
感想、ネタ提供、その他もろもろ待っております!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。