アイツの子はカエル

ネタをほぼ日で書きます。 ろくでもない話ばかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「父親」の「ち」


20050608154313.jpg

昔から僕は父親が苦手。

いい大人になった今でも父親は恐怖の象徴である。

         ____
       /      \  もういい年なのに、僕・・・
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l  

まず見た目が怖い。
僕の父は身長180㎝近く、体重110㎏以上がデフォとかなりの大柄だ。
またハゲが気になるらしく、かなり短く刈り込んでる頭は、ほぼスキン。
髭なんかも伸ばしてやがる。

そーいやぁ…見た目は誰かに似ている……。

あ!!!
武藤だ!!!
武藤敬司そっくりだ!!!!


mutou.jpg

また父親はリア充の象徴のような人間である。
なぜ彼から僕のような人間が生まれたかが謎である。

現在、父は青山でアパレル会社を経営している。

e0088649_1534988.jpg

代表取締役である。
社長なんかしやがっている!!

以前勤めていた会社で役員クラスまでいったが急にスパッと辞め、退職金で会社を起こした。
また年に数回、自社工場のある中国や生地の買い付けやコレクション視察のためにヨーロッパへ行っている。

              / ̄\
              |  父  |
               \_/
                │
               / ̄ ̄ ̄\
              (/ ⌒  ⌒  \   
            /))<●>:::::<●>  \   たまには息抜きも必要だぞ
          | ((_(__人__)  :::  |  
            \ ’ ̄` ⌒´     /
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/         /"⌒し′__|::|
   |____/        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|


なんかこれだけでもうリア充すぎる。

czntbk7kt5A.jpg

若いころはポンギのブークラでチャンネーたちとベーアソしながら、クーピンのペリドンをプンオーしちゃっていたらしい。
(*六本木のクラブでお姉ちゃんたちと遊び、ピンクのドンペリ空けたりしていたらしい)

main-1213791985.jpg

なんだ、そのリア充っぷりは!!!
つーかこんな話、小学生の僕にするなよ!!


しかもこの親父はアパレルで働くだけあってオサレだ。
身内関係なく、マジでかっこいいと思う。
自分の体形、年齢などを考えて、若作りせずに本当に良いものをさりげなく着こなせている。
愛読書はLEONらしい・・・

51TE9Z5+EVL.jpg

そこもムカつく。

あと一級船舶免許なんかも持っている。
ちょい前まではクルーザーなんかに乗りに行ったりしていた!!

kuru-za.jpg


そ、そ、そんなのリア充以外の何でもねーじゃねーか!!!!


書けば書くほど、父と僕はかけ離れている気がする…。
スペックが違うのか、僕自身が駄目なのか……。


しかしこの人は男としてはカッコいいが、父親・夫としてはあまり良いとは言い難い。

いやむしろ駄目だろう!

若いころからバリバリ浮気するような男だ。
母を泣かすような男だ。
僕が大学入学と同時に会社を辞めた男だ。
いきなり家族と別居するような男だ。

              / ̄\
             |  父  |
  ,r'ニニニヾヽ、     \_/      //ニニニヽ、
 ("; ̄ ̄ヾ))     __|___   ((/ ̄ ̄`゙`)
 |   、ィ_ノと)'   / ::\::::/::\  (つ(_,,ア   |!
 i|   ` イ_/  / :<●>::::::<●>: \. \_Y   |! 
 .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
   \  \l     i|    |!     l/  /  フリーーーダム!!
  l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
      \  ヾ   `ー一';  ィ    /   i
         ヾ、    ``";      /
    ゚   |!  Y           ィ |!  。
    ,.  '  、/               ヾ ; ;  `
  ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
   ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;;ンy从/ゞ〆;  ,.,
 _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ;::ゝ .::::...ヽ _.:::`

そして…息子に対してやりすぎる男だ。

僕は、教育上の家庭内体罰を良いと思っている。
もちろん行き過ぎた虐待やDVなものとは違う。
悪いことをしたらケツをたたくや、平手打ちは必要なことだと思う。

20081128.gif

最近の親はそれをやらないらしいが、それはどんなものか…。
それでは甘やかされてロクでもないガキになる!!
だーかーら最近のガキは、ませている上にうざいんだよ!!!

おっと!話がそれた。

たぶん僕と同世代は恐らくほぼ殴られて育った世代だろう。
しかし先ほども述べたようにやりすぎはいけない。

うちの父親はやりすぎる人であった。
あまり怒る人ではなかったので、怒ったときのパワーは凄まじかった。

たぶん小学3年ぐらいだったと思う。
何をしたか忘れたが父親に怒られた。

              / ̄\         |┃┃
              |  父  |    三   .|┃┃
              \_/         |┃┃
                |   三       .|┃┃
             / ̄ ̄ ̄ \       .|┃┃
           /   :::::\:::/:\   三 .|┃┃
          /    <●>::::::<●>\ 三  .|┃┃
          |      (__人__)   |    |┃┃
          \      ` ⌒´  / _/`||┃┃
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∩ノ |┃┃ ピシャッ!
          |  |           | ̄ ̄ |┃┃


罪状がありすぎてわからない…。

父はとりあえず殴ってから、説教をするタイプであった。

父が僕を殴る体勢に入る。

      / ̄\
     |  父  | 
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄\        うおおおおおおお!!!!!!
   /    ::\:::/:\       
  /   <●>::::::<●>\      
  |      (__人__)  .| ≡_)_
  \ =_) ≡_)/=_) ≡_)
   _ =_) ≡_)_ =_) ≡_)
   ≡_) =_)  ≡_) =_)
   |        ノ
   /  ___  (  
  (_ノ     ゝ_)


しかし彼はこの時点で一つだけ忘れていることがあった。

手加減をすることを…。

体重110㎏以上の全体重の乗った平手が僕のほほを打つ。
当時の僕は身長120㎝あるかないか、体重30㎏程の物凄く小さい子供だった。
そんなガキが体重差80㎏以上の平手を受ければどうなるかは想像つく。

     |  |   |   |
     _||_||__||  ||
    (__/   `ー――
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    ●\__/__/●
  / \_\三/_/ \
  |  ⌒ (_人_)∴・  |  ・・ぐぇあ
  \ :・∵ |r┬-|      /
       ' ̄ ̄`

吹っ飛ばされた。

そりゃもうド派手に飛んだ。
たんすに激突、頭クラクラだ。


痛かっただろう。
泣いただろう。

しかし本当の試練はここからだった。
ここから父の説教が始まる。

     , (⌒      ⌒)
   (⌒  (      )  ⌒)
  (             )  )
    (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
          | || | |
       ノ L,l ,|| |、l、
       ⌒:::\:::::/::\
      / <●>::::<●>\ 
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     |  
     \       l;;;;;;l    /l!|
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ >
               レY^V^ヽ

この時僕は意識が朦朧とし始めている。
殴られた衝撃で気絶寸前なのだ…。
父はそれに気づかず説教を続ける。

不意に目の前がホワイトアウトした。
その瞬間僕の無意識の頭の中で一つのことだけ浮かんだ。

1271836015590-thumbnail2.jpg

「今、倒れたらまた殴られる」と。

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \    なぐらないで・・・
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

この父、本当にやる男だ。

僕の中でまた殴られるのではないかの恐怖によって再び意識が戻った。
それから何度かまた気絶しそうになったのは覚えている。

そして説教が終わってからの記憶がないのは多分ぶっ倒れたからであろう。

あれ以来父は僕の恐怖の象徴になった。
僕に未だに残る心の傷を作った。
やはり父はやりすぎなのだ。

                / ̄\
               |  父  |
               \___/
               __|__
             /      \
            /  ::\:::/:::: \  <俺には普通だが…     
          /   <●>::::::<●> \   
          |     (__人__)     |
           \     ` ⌒´    ,/   
   r、     r、/          ヘ
   ヽヾ 三 |:l1             ヽ
    \>ヽ/ |` }            | |
     ヘ lノ `'ソ             | |
      /´  /             |. |
      \. ィ                |  |
          |                |  |

そんな父に母曰く僕はものすごく似ているらしい。
顔も性格もそして、怒り方も……


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\ 
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

……どうやら僕もやりすぎらしい……。

僕が父を嫌いな理由がよくわかった。

これがよく言われる

『同族嫌悪』


18f26d6a.jpg

         / ̄\
         |  父  |
          \_/
       ノ L__|___       ) 
       ⌒:::\:::::/::\      ヽ 貴様は似とらん!!!
      / <●>::::<●>\ ,    )
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´       
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ 
スポンサーサイト
[ 2010/09/24 20:56 ] テキスト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

twitter
おすすめLINK
このサイトはリンクフリーです
メールフォーム
感想、ネタ提供、その他もろもろ待っております!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。