アイツの子はカエル

ネタをほぼ日で書きます。 ろくでもない話ばかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「公衆用トイレ」の「こ」

東京には有料の公衆トイレがある。

クソを排出するのに一回100円もする。

極めつけはトイレにコンシェルジェみたいなのがついている所もある。
公衆トイレはそんなんじゃない。きっと正式名称は「御公衆様用のトイレット様(高所得者専用)」である。

僕の中では公衆トイレはもっと汚く、気軽に使用出来るものを言う。

だからこその公衆なのだ。

この話はその汚いほうの公衆用トイレで起きたあの…恐怖体験…である…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あ…どうも…季節はずれですいません…

稲川ケロじです。

いあや~これは私が子供の頃の話なんですがね~

今もなんですが、昔っから多尿症でしてねぇ~わたし。

不意にトイレに行きたくなったんですよ。

「あれ、変だな?おかしいな?」

なんて思いながら私ねトイレを探したんですよ~

そしたらね、暗闇にボッ~と光る場所が目に入ったんですね。

それがまさしく…トイレだったんですよ~

それは駅の近くの公衆トイレでしてね、あまり人に使われてないトイレだったんですよ。

で、ですね…最初は私も「こわいなぁ~汚そうだなぁ~」と躊躇していたんです。

でもですね、尿意には勝てなくてですね、「尿意ズ ハイ」になりまして~

「えいや~」と決死の思いでトイレにはいったんですよ!

…………………
…………………

中は意外ときれいでしたね…

いや~最初のいやな感じはなったく中にはなかったんですよ~

「あれ~~おかしいなぁ~~変だな~~」と思いつつも、尿をし始めたんですよ…。

尿をし始めた時にフッと目の前に何かがあるのが見えたんですよ。

尿に焦っていた私はそれに気付かずに…尿をし始めてしまったんです…。

なんでしょうね~こわいですね~…。

私がそこで見たのはですね…雑誌だったんですよ…

ただし普通の雑誌なんかじゃないんです…

子供だった私にはまったく理解できないものでした…

一体これは何なのか…

大きさは普通の青年誌ほどの大きさ…表紙にはガチムチな男性の絵…

そしてタイトルは……

…「薔薇族」…

こわいですね~~~~恐ろしいですね~~~~!!

今の私ならドキドキしながら中を見ちゃいますね~~~

でも、ですね~当時の子供の私には何かしらの恐怖を覚えたんですね~~

何か恐ろしいものを見つけてしまった、と感じた私は早く尿が終われと祈っていたんですよ~

そのとき!!!

後ろの個室トイレが『キィィィ』と音を立てて、開き始めたんですね~~

「もうやばいなぁ~~やられるな~~」と考えた私はにげたんですよ~~

ただ…ただですね…尿は終わってなかったんですよ~~…

私は尿を漏らしながら逃げたんですね~~

バカですね~~ひどいですね~~

あの『薔薇族』はいったい何だったんでしょうね~~

そして個室から出てきた人は私をどう思ったんでしょうね~~

こわいですね~~おそろしいですね~~

以上、稲川ケロじでした…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スポンサーサイト
[ 2010/10/07 12:48 ] テキスト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

twitter
おすすめLINK
このサイトはリンクフリーです
メールフォーム
感想、ネタ提供、その他もろもろ待っております!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。